面接時の講習は昔のこととなりつつある。

一昔前は、風俗店の面接と言えば実技は付き物でした。

「じゃあ、やってみよっか?」

と、軽いノリでさっきまで面接していた店長にフェラ。なんてこともありました。

しかし、2000年、平成生まれの子たちが風俗店にも出没するようになったあたりからそういった実技を交えての面接での講習はだんだんと減って行ったのです。

面接時の講習の形も現代的になった

現代における風俗店の面接の流れは大体が以下のようになっています。



年齢確認の意味で身分証を提示してもらう。


働ける時間やお給料の話をする。


世間話

そして、かつては実技での講習だったのですが、それが今では

DVDを見ての講習や、口での説明のみの講習にとって代わりつつあるのです。

今までとは、大幅なイメージアップを図ったかのような現代の風俗店の面接時の講習。

たくさんの普通の子たちが気軽に面接に行きやすいようになりました。

いきなり、裸になってフェラしろなんて言うお店はむしろ少なく、女の子サイドにたった面接を行うお店が増えています。

気になったお店があったら気軽に面接に行って、雰囲気を確かめてきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード