無理なものは無理!

いくらキャバ嬢は夢を見せる仕事と言えど、生理的に無理な物は無理ですよね。
本日は、生理的に無リン客が来た時の対応の仕方をご紹介してきます。

1.良いところを探してみる

無理だ無理だ、と思っていると良い接客ができませんし、相手に察知されて気分を害してしまうかもしれません。
そんな時は何か良いところを探してみましょう。
スタイルがいい、お金を持っている、声がいい、性格がいい…などなど。
良いところをみつけたら、その良いところを褒めるのがポイント。
褒めているうちに本当にそのように思ってきますよ。

2.指名を呼ぶ

どーしてもつきたくないテーブルがあるのなら、指名を呼んでしまえばいいのです!
お店がとても忙しくない限りは、指名のお客さんにつきっきりでいられるはず。
「とってもイヤなお客さんがいてつきたくないの!助けて!」と甘えてみましょう。

3.場内指名をとる

つきたくないのテーブルがあるけど指名が誰も捕まらない!
そんな時は他のテーブルで場内指名をとってもしまうのも1つの手段です。
違うテーブルに行きたくない!という必死さが伝われば、いつもより簡単に場内指名がとれるかもしれませんよ。

4.付け回し担当のボーイにお願いする

どうしてもだめな時はつけ回しのボーイに事情を説明してお願いしましょう。
「生理的にダメ」だと承諾してくれない可能性が高いので、「前の店でトラブルがあったお客さんだから」とウソをついてしまうのも一つの手です。

テーブルについている最中に「この人どうしてもいやだ」と思った場合も、お客様に「お手洗い失礼します」と席を抜けてボーイに「チェンジして」とお願いすると良いですよ。

嫌な客の回避方まとめ

嫌だ嫌だと思って相手をするよりも、避けてあげた方がお客様にとっても有益なのかもしれませんね。
しかし、つけ回し担当に「あれもやだ、これもやだ」と言いすぎるとワガママ認定されてしまうこともあるので、どうしてもだめな時だけの奥の手にしましょう。

関連するまとめ

「素敵すぎ♡」キャバ嬢が惚れたお客さん【体験談アリ】

キャバ嬢だって女の子。 素敵な人がお客さんで来たら好きになっちゃいますよね。 そんな皆さんの体験談です!

つばさ / 431 view

辞めるときにもめずにお店を辞める方法

お店を辞める時ってもめますよね。 今回は、できる限りもめずにお店を辞める方法をご紹介していきたいと思います。

つばさ / 199 view

罰金を取られるのはもったいない!減給されない裏技3選

キャバクラに罰金はつきものです。 遅刻、当日欠勤などで1~3万円ほどの罰金がとられてしまうのです。 この出費…

つばさ / 142 view

関連するキーワード