夜歴が短い方は、”DC”というものが一体どういう仕事なのか、ご存じない場合も多いかと思います。

今回は、DCと略して呼ばれるデートクラブという業態について、ご説明してみますね!

デートクラブというビミョーな表現

業務内容としては、まあいわばデリのようなものです。
客の元に出向き、性的サービスをするというものです。

しかし、なぜデリと呼ばずにデートクラブと呼び替えるのか、疑問ではありますよね。
エスコートクラブというワケのわからん表現をする場合もあります。

これは、お店側が「普通のデリではない」とアピールしたいということの現れです。

自由恋愛というテイ

DCは、実は”自由恋愛”というモットーを掲げています。

つまりお店としては「お客さんと女の子を引き合わせはするけど、それ以降は二人にお任せします」ということを言いたいのです。
それがどういうことか、わかりますね?

通常デリでは、プレイのメニューが定められています。
しかし、DCにはそれがありません。

だって、自由恋愛なのですから、ヤルこともメニューなんてあったら不自然です。
もちろんお店によっては「最低コレはしてね」と女の子に指導することもあるのかもしれませんが、デリのように研修すらないお店がほとんどです。

つまりこれは、女の子と客の駆け引きにより進む、個人的な取引とも言えるのです。
取引内容は、双方が納得する範囲で自由に決められるのです。

法律的にはギリギリ…

取引内容が自由、ということですでにお気づきかと思いますが、DCはソープでもないのに基盤が平然と行われています。

まあ、そんなこと言ったらデリでもヘルスでも、アルところにはアルのだと思いますが、それ以上に”DC=基盤”というイメージが固定化されているのは紛れもない事実です。

いつ警察のメスが入るか。
何か問題があれば、摘発の方向に向かうことでしょう…。

やり手姫には良い環境

しかしながら、客とのやり取りで自由度が高く、給料も高いのがDCです。

男を操るのが得意であるとか、愛人契約に発展するのが嬉しい!というような、キモの座った姫さまは、どんどん稼げると思います。

基盤無しでも、ハードプレイなしでも、お金を稼ぐことができます。
DCは客が支払う料金が高いですから、お金持ちに出会う確率は上がります。

うまく売り上げを上げられる自身のある姫さまは、チャレンジしてみると、意外と水が合うかもしれませんね。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング