指名が重なるとキレる客etc…

キャバ嬢初心者も無礼なことをしたりやる気がなかったりで客を怒らせたりすることもありますが、人気が出てくるとスネてキレるヤツも多くなってきます。

要するに、今までは金を払って長い時間一緒にいれたのに、人気が出てくると卓についてもらえる時間が減り、不機嫌になっていくという感じです。

もちろんそれ以外にも客がキレる要因はたくさんあり、人気嬢になる程”キレる客をどううまくあしらうか”がテーマになってくると言っても過言ではありません。

芸能人並に突き抜けた知名度があれば待たされても文句は言わないものですが、そこまではいかないけど卓がかぶりまくるキャストさんは大勢いらっしゃるかと思います。

今回は、キャバ嬢やクラブ嬢などのお水系の方の上手な謝り方について検討していきたいと思います!

スピード勝負ですぐに謝る

「あ、なんか空気怪しいな」と思ったらすぐに謝るようにしましょう。
キャバ嬢さんなら、洞察力も鋭い方が多いので、何故客が怒っているのか理解できることが多いかと思います。

相手の気持ちを汲み取り、すぐに謝罪します。
単に「何怒ってんのー?ごめんってば!」なんて茶化すのではなく、「ごめんね、待たせてしまったよね(焦)本当は気になって仕方なかったんだけど、どうしても動けなかったの!(焦)」という感じで、しっかりと言葉に出して謝ります。

「そんなん言ったってあたしだって忙しいししょうがないじゃん」と逆ギレせずに、まずは相手の怒りの感情に寄り添います。
そして、自分ならどんな言葉で謝って欲しいか想像し、できる限りの言葉で謝りましょう。

ただ、あまり長くベラベラしゃべると言い訳が入ってきてしまうので、簡潔にポイントを押さえて謝りましょう。

同意して言い返ししない

相手が怒っている時に言い返してもこちらのメリットはありません。

客が口を開いて文句を言い出したら、そうねごめんね、という態度でしゃべらせましょう。

そこで認めてもらえると、客は「俺を理解してくれた」と思い、とりあえずそれがきっかけで指名替えをすることはありません。

客の教育は別のタイミングで

「でも、相手がキレるのに同調ばかりしてたら、図に乗らない?」
「キレるのをそのままにしてたらもっとヒートアップするんじゃ?」
と心配になるかもしれません。

確かに、人は怒る自分の声を聞いて怒りがさらに増していくということもあります。

ただ、怒っているのを話をすり替えて怒りを静める技術がないのであれば、やはり怒りを受け入れ受け止めるフリをして、客との信頼関係を強めるのがベターです。

ただし、図に乗るというリスクはありますから、本当に「それは違うだろ」と弁解したいことがあったら、タイミングを変えましょう。
人間にはやっぱり、気分というものがあるのです。

または、文字をししっかり読むことができる客には、言葉ではなく文字で投げ掛けてやるのも有効です。
メールなりでさらっと重要な言葉のみを投げかけておきましょう。

成功者は、偉くなればなる程謝ることが重要であると話します。

雨降って地固まるとも言いますし、客にキレられても同じ土俵・同じ目線で喧嘩をせず、あくまで戦略的に謝るというスキルを身につけていきましょう。 

例え客に口喧嘩で勝ったところで、嬉しくもないしお金を落としてもらえずこちらに良いことはないのですから…。

関連するまとめ

フェラテク、前立腺アナルスイッチ、耳かぷ等絶対悶絶の超絶テクニックを磨く。

キスから始まりフェラ、アナルスイッチ、耳かぷり。 男性の喘ぎ声が止まらない、超絶ベッドテクニックのいろは★

★元風俗嬢トモコ★ / 5073 view

究極のフェラ、【ローリングフェラ】のやり方

男を虜にするローリングフェラとは?

★元風俗嬢トモコ★ / 9328 view

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング